情報化社会とPTの怖い話。

勉強会について。
スポンサーリンク

こんにちは、パパPTです。

今回は、パパPTの普段考えていることを書いていきたいと思います。

ゲリラ豪雨のように頭に降り注いできたので、殴り書きのように書いています。

スポンサーリンク

嘘?本当?情報がいつでも手に入れられる世界

パパPT、最近SNSを始めて感動したこと、考えさせられること多々ありました。

まず、最初に感動したことを発表します!

ほしい情報がいつでも、どこでも得られる

昔の話はしたくありませんが、昔は思いついたことをすぐ調べるのは不可能でした。

忘れないようにメモを取ったりして、自宅に帰って調べていたんです。

おそらくもっと昔の先輩方はさらに工夫に工夫を重ねていろいろ調べていたのかなーと考えると、頭が下がりますね。

今はほしい情報がいつでもどこでも得られるので、すごく便利になりましたね。

SNSなどの最大の利点かと思います。

が!!!!!!!

同時に欠点でもあるな、、、と感じました。

なぜかと言うと、

情報が多すぎて、どれが本物の情報かわからない・・・

そして、あと一つ。

嘘の情報が多い・・・

情報が多ければ多いほど、

欲しい情報が手に入れやすくなればなるほど、

情報を調べる本人の考える力を失っていると思います。

よく考えてみてほしいのですが、

腰痛が5分で治りますか?

腰痛はどの分類ですか?

この場合の治るは1回でですか?

冷静になって考えましょう。

本当にあった怖い話・・・

ここからはパパPTが経験した怖い話です。

若かりし頃、興味本位で○○で治る!系の勉強会に参加しました。

・・・・衝撃でした!!!!

講師の先生は、堂々と受講生に向かってこう言ったのです・・・・

講師
講師

水を1日5リットル飲むことで全ての病気は治ります!!!!

この言葉を聞いたパパPTは、

???

理解が出来ないとはこのことです。

あなた5リットル患者さんに水飲ませるんですか?

1日で50ml飲めない人もいますよ?

あの時は、本当ぞっとしましたね。

治るわけないだろうが!!!!と腹も立ちました。

何度も言いますが・・・冷静になって考えましょう。

特に危機感を感じたのが、若手セラピストや学生さんが聞いていたことです。

しかも頷きまくっていたこと。

さらに言えば、開業志望のPTもたくさんいました。

患者さんや自分のために、なにかを得たい気持ちは素晴らしいです。

ですが、

本当にこの人が言っていることは正しいことなのか?

対象はどんな人なのか?

倫理的にどうなのか?

解剖学や生理学的な情報からどうなのか?

ひとつの情報について考えてみると、

そこから推測できることがたくさん出てくるはずです。

本当に大事なことなので、何度も言いますが・・・

○○で治る!系の勉強をする場合は、注意が必要な場合も多いです。

冷静になって、立ち止まって考えてみましょう!

疑問を解決するための情報はどこにある?

患者さんは良くなっているのか?
悪くなっているのか?
なぜ良くなっているのか?
なぜ悪くなっているのか?
良くなってる理由は何なのか?
悪くなっている理由は何なのか?

こういった疑問を解決するために、日々勉強を頑張っていますよね。

どうやって解決しようか?どうやって考えることが正しいのか?

これまたパパPTの私見なんですけど、

そのヒントをいつも与えてくれるのはいつでも

患者さんです。

患者さんの状態が全てを物語っていますよね。

患者さんの状態はどうなっている?

昨日は?

今日は?

患者さんの様子をしっかり観察するだけでも、ヒントはたくさんあります。

いっぱい調べることも出てくるのではないでしょうか?

ちなみに私は理学療法士としてのセンスは持ち合わせていないので・・・

日々の臨床から積み重ねてきたと実感していますし、

今でもなぜ良くなったのか?
悪くなったのか?

分からないことだらけです。

若手セラピストや学生さんに伝えたいことは、素直に患者さんと接することで少しづつ分かることが増えてくるです。

焦ることはありません。

少しづつ丁寧にクリアにしていく感じです。

絶対、患者さんのために考えた知識や技術は身についていますから。

あとは、次の患者さんにどう活かしていくか?

これだけです。

最後に・・・・

学習の最後のプロセスはアウトプットだと考えています。

最終的には学会発表であったり上司へのプレゼンといったことを通して学んでいくことをお勧めします。

ちなみにパパPTは同期で勉強会のグループを作って、毎回発表しあっていました。

質問すること、発表すること、またお互いのスケジュール管理などの練習が出来たのですごくいい経験になりました。

何度も言いますが、

患者さんから得られる情報を通して、

自分で考えて考えて、

成功や失敗を通して、

そこで初めて知識や技術は身についていくものだと私は感じます。

いつも、冷静になって考えましょう。

焦らずに、

答えばかりを探さずに。

パパPTの一言

私はここまで色々経験してきたので、

勝手に使命感的なものを感じて、

日本中にいる理学療法士の後輩たちには、

せめて嘘のない情報を発信していきたい!

そう思ってこのような不慣れなブログやツイッターを始めることとなりました。

SNSに対してまだ苦手意識がありますが、(使いこなせていないので・・・)

悩んでいる若手セラピストの方、学生さんの苦しみが少しでも軽くなることを考えて情報を発信し続けようと思います。

この記事以外の記事を読んで、

この事について知りたい!
こんなことで悩んでいる!

ということがあれば、是非連絡ください。

完璧に答えられるかはありませんが、

根拠のある情報私ならこうやって対応する、ということをお答えします。

今後も書き続けていく予定ですので、なにか知りたいことなどあれば是非!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

これからもよろしくお願いしますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました