理学療法士、パパPTの1日。

パパPT
スポンサーリンク

理学療法士って1日どういう流れで過ごしているんですか?

と質問してくれた方がいたので答えようと思います!

今日は中学生、高校生向けの記事です。

多分、youtubeのパパPTチャンネルでも話すであろうこの内容ですが。。。笑

一応ブログでも。

理学療法士になるための専門学校や大学に進学して、

実習が始まるとよく分かると思いますが、

中学生や高校生ではイメージがしにくいのかもしれない、と思って

イメージのしやすいように書いてみました。

ブログで意外と専門的なこと書かないよね~と感じている方もいらっしゃると思いますが、

そこらへんはyoutubeでやっていきたいと考えています。

話を戻して、一日の流れですね。

これはあくまでも、パパPTの一日の流れですよ!

病院で働きながら、大学院にも通っている理学療法士はこんな感じの一日なんだなーと思って読んでください!

スポンサーリンク

パパPTの1日。

AM06:00

基本的にこの時間に起きます。

家族で一番早いですね。

勉強したいことがあれば、5時起床のこともあります。

AM08:00

病院到着、基本的に一番早いです。

仕事の振り分けや、患者さんのことをチェック。

8時半からは朝礼が始まります。

カンファレンスです。

AM09:00~

ここから理学療法士として、患者さんと一緒にリハビリを頑張ります。

日にもよりますが、基本的にはあまり変わりません。

歩行訓練

基本動作訓練

必要であれば呼吸訓練など

幅広くリハビリしていきます。

天気が良くて、患者さんのコンディションがよければ散歩したり、

この前はハーモニカが得意な患者さんにハーモニカを吹いてもらったりしました。

大変なことも落ち込むこともありますが、

患者さんに元気をもらい、励まされたりしながら毎日頑張っています。

PM12:00

昼休みは適当にご飯を済ませて、仕事をします。

どういった仕事をしているかというと、

朝のカンファレンスで議題にあがったことについて調べたり、

計画があればどういう風に進めていけばいいのかということを考えています。

昼寝せずに仕事をする理由としては、

大学院があるので一刻も早く帰りたいからです。笑

それに私は管理職なので、スタッフの皆さんに気を使わせないためにも仕事はさっさと片付けます。

私が帰れば、みんなさっさと帰れるはずなので上司はなるべく早く帰るというのを実践しています。

PM13:00~PM16:00

1時間の昼休みが終わって、仕事再開です。

基本的に午前中とやることはあまり変わりません。

ここからだいたい4時まで仕事をして、

事務作業に入ります。

カルテなどの書類記入をしたり、

管理職として後輩のフォローに入ります。

たまに先輩のフォローも。笑

中間管理職は大変ですが、やりがいを感じています。

書類記入以外やフォロー以外にも、

看護部の主任や師長と諸々の確認をします。

看護部や介護部と積極的にコミュニケーションをとるように努力しています。

PM17:00

帰ります!!!

さっと帰ります!!

と言っても、大学院に直行です。

週2で黙々と解剖を数時間。

残りの大学院の日は座学です。

研究室にいたり、学んだり、いろいろです。

単位をとるためにがんばっています。

社会人になって自分でお金を払っていて、家族に応援してもらっているので基本的には休みません。

例外は家族の誕生日ぐらい。

それ以外は毎日勉強ですね。

PM22:30~

だいたいこの時間に帰宅。

それからいろいろ済ませて、一時間ぐらいこまごまとレポートを書いたり、気になっていることを調べたりします。

大学院生だから?というわけではなくて、

働き始めたときから仕事終わりの勉強は続けています。

なぜ勉強するかというと、知識は患者さんだけではなく自分自身をも守ることになると考えているからです。

偏った考え方にならないように、

なるべく良いところ、悪いところを客観的に勉強するようにしています。

ニュートラルな状態にしておいて、状況に合った一番ベストなギアに入れることをイメージして勉強したり、意識して仕事をしています。

大学院がない日は?

大学院がない日はPM18:00には帰宅します。

大学院がないからと言って残って勉強したりはしません。

働き方改革??

ただリフレッシュしたいだけです!

以上、これがパパPT、理学療法士として働いている日の一日の流れでした!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました