パパPTが考える、大学院のメリットとデメリット!

大学院
スポンサーリンク

給料も上がらないのに、大学院に行くメリットあるのー?

という人がよくいます。

嫌味をいう人も、実際にいます。

私は別に威張っているつもりもないし、

給料を上げるために行っているわけではないのだよ・・・と思いますが、

はははそうですね!と流しています。

きっと、大学院にいって、実際に解剖をして、

そこから臨床に活かせることがどれだけ多いか分からないんだろうな、と考えるからです。

今はまだ勉強の途中で、なにも成し遂げてはいないので大きなことは言えませんが、

将来の選択肢が増えることは確実です。

学校に勤めるにしても、

第一線で働くにしても、

講師になるとしても、

起業するとしても今学んでいることは役に立つと確信しています。

かっこつけていますが、まだ、学生です!!!笑

今回は大学院に入ってから感じたメリットとデメリットについてです!

もちろん、今回もパパPTの場合です!!!

スポンサーリンク

大学院のメリット

大学院に行って良かったーーー!!!という点はを挙げてみました!

☆解剖が出来る
☆専門書がそろっている専用の図書館がある

☆専門的な文献サイトにアクセスできる
☆自分の求めている知識が手に入る
☆教授がいる!!!!!笑

解剖が実際に出来ることが一番よかったポイントです。

本や映像、解剖見学だけでは分からないことも分かるようになりました。

ついているとされていた筋が実際にはそこについていなかった、ということが分かるだけでも、かなりの大発見です。

だから良くならなかったのか、じゃあこうすればいい、と改善策が考えられるようになったからです。

これは論文などでも読めますが、実際見るとまた違います。

そして、私が必要としている数値化するということも基礎から学べるので助かっています。


私の通っている大学院は、有難いことに

医学部専用の図書館が利用できます!!!

専門書ってかなり高いし、数も少ないし、

手に入れるのも大変じゃないですか?

なので、これは本当に嬉しかったです!!

そして、有料の文献サイトにアクセスできるんです!

これは本当にテンションがあがりました。

最近あまり利用できていないんですけど・・・

世界中の最新の文献が読めるので、ありがたいです!

自分の求めている知識というのは、

教授がいる!!!!

教授がいる、というのは当たり前なのですが、

研究室で担当してくれる教授は当たり前なんですけど、

知識はんぱねぇぇぇぇぇ!という感じです。

知識を深める為に、勉強会に参加したり、本を買って読んだり、文献を読んだりしていたんですけど、

もうちょっと深く知りたい!と思っても勉強会ではヒントすら得られなかったり、自分では調べ切れなかったことがあったんです。

教授は、それを言語化してヒントまでくれる・・・笑

(私の能力不足は否めません。。。)

あの文献にそういうことが書いてあった、

この文献を読んでみて、

あの人が・・・・

とどんどん情報が!

もちろん手渡してくれる文献は英語!!!!

これ読んできてね、と大量に渡される紙、全部英語!!!

読めないと言えませんよね、必死ですよこっちも。笑

大学院進学のデメリット

これはパパPTの意見として聞いていただきたいのですが、

デメリットは時間がなくなることです。

あと学費分のお金はなくなります。笑

私は社会人入学なので、

毎月一定のお金が入ってきます。

なので、よく聞く大学院生は貧乏だ!ということにはあてはまらないです。

お金持ちでもないですが、普通の生活は出来ています!笑

悲しいのは、朝早く仕事に出て、大学院に行って、帰ってくるときに子どもが寝てしまっていることですね。

どうしようもないんですけど、寝顔しか見ることの出来ない日々が続きます。

それが唯一のデメリットかな~と感じています。

私はすごくリサーチして、何度も妻と話し合って、

覚悟を決めていったので、それ以外にデメリットは見つけられません。

めんどくせぇぇぇぇぇと言っている人もいますし、

ついていけないから辞めたい、と言っている人もいます。

大学院に入って研究しているから偉いんだぞ!
俺の研究の方がすごいんだ!と、なんだかわけの分からないことを言っている人もいます。

それは私にはよく分からない感覚なので、

????となっていて、

客観的に見てもこうなってしまうのはデメリットだ、と思うのでみなさんにお知らせしておこうと思います。笑

大学院に行って研究してても別に偉くないですよ!!!笑

給料も上がりませんよ!!!笑

そういったことを取っ払ってしまえば、

自分の研究に没頭できる、

この分野の専門家になるであろう人たちに出会える、

コネクションが出来る、

最新の情報が手に入りやすい、

という点でデメリットは少ないと考えています!

大学院を卒業してからの進路は?

私の所属している研究室は私以外は医師免許を持っている方のみなので、

医療職以外の方にはあまり参考にならないかもしれません。。。

私は卒業しても理学療法士として働き続けますし、

私の同期や先輩たちは病院に戻る方もいれば、博士課程に進む方もいます。

お医者さんは四年間の大学院で

そのまま大学に残って、教授職に就きたいと考えている人もいます。

教授になるのも空きがあったりなかったりで、

タイミングや根回しも必要でそう簡単にはなれないのですが。

私がもしも勤めている病院を辞めるとしても、

実際に人体解剖や研究を経験しているので講師として有利になるかもしれません。

まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました