脳のゴールデンタイムと集中力。

理学療法士
スポンサーリンク

こんにちは!パパPTです。

私は中間管理職として働きながら大学院に通い、講師活動をして、オンラインサロンを運営して、学会の発表をしたりして、そして子育てをしています。

新人の頃は運営にも携わっていたので、半年間休日がない、ということもありました。

今考えるとよくやったなぁと思います。

家庭との両立はうまくいきましたか?という質問がありましたが、

妻と決めたことは、子どもが最優先、子どもの行事はなによりも最優先。ということです。

時は金なりとはよく言ったもので、本当にそうだと思います。

24時間、平等に時間があって、それをどう使うかで人生が決まってくると考えるとぞっとします。笑

時間が限られているので、どうすれば効率よくじくぉ使えるのか、いつ、お考えていました。

スポンサーリンク

早起きは三文の徳?

早起きは三文の徳、早起きすると良いことがあるという意味のことわざですね。

みなさん、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

早起きは三文の徳
・由来は中国の書物。早起三朝富一工→3日早起きすれば一人分の仕事になる、という意味。仕事がはかどる。という意味。

早起きは三文の得
・奈良説と高知説があるようです。
 今回は有名な奈良説を。
 奈良説では早起きすると三文損しない、という意味らしいです。
 所説あるので、らしい。としておきますね。
 鹿が神様の使いとしてとても大事に扱われていて、粗末に扱ったりすると厳罰、罰金として三文徴収というルールがあったそうです。
 なので、早起きして自分の家の前に鹿が倒れていないか確認するようになったのが起源らしいですよ!早起きて自分の家の前で倒れている鹿を見つけたら、隣の家の前に運ぶようなことがあったとか、なかったとか。

得と徳、中国か日本かで漢字が変わるようです。

いきなり話がそれてしまいましたが、早起きは三文の得、これは科学的にも証明されています。

起きてから2、3時間の間は脳が疲れていないそうです。

さらに、脳内が非常に整理された状態なので、1日の中で脳のパフォーマンスが最も高い!

それが、脳のゴールデンタイム。

脳のゴールデンタイムにするべきことは?

脳科学的に、最高のパフォーマンスを発揮できる時間帯、あなたならどう使いますか??

1日24時間、脳は均等に力を配分しているわけではありません。

ゴールデンタイムにあった時間の使い方をすることで、仕事の効率を2倍以上に高めることが可能です。

私も先日、Twitterでブログを書く宣言をしまして、大学院帰りで集中力も思考力も判断力も低下している状態で書き始めました。

全く、書けませんでした。笑

適当に書いて、結局次の日書き上げました。

やっぱり、あの時、判断力なかったから、書きます!読んでね!なんて言えたのかもしれません。笑

脳のゴールデンタイムでは、いつもより集中することが可能なので、

・文章を書く
・資料を作る
・英語の資料、論文を読む、もしくは書く
・決算書のような重要な書類作りをする

こういった作業を比較的要領よくこなすことが出来ると思います。

朝のルーティーンで、メールチェック、メッセージチェック、返信はあとまわしにして、読みかけの本を読んでみるのはどうでしょうか?

集中して作業!そのあとに、気分転換としてチェック作業を行うと、いつもより仕事がはかどるかもしれませんよ!

集中力は高めることが出来る?

結論から言うと、ほぼほぼ無理だそうです。

メンタルトレーニングを行い、その分野の第一線で活躍するプロスポーツ選手ですら、ここぞという場面で集中しきれなくて失敗したりしますよね。

それは珍しいことではないような気がします。

プロでさえ失敗してしまうのに、私たち普通の人が集中力をコントロールするのは至難の業です。

私は基本的に、集中する!といって、集中出来ないタイプです。

なので、自分の集中力が高まる時間帯を把握することを意識していました!

どのタイミングで、どの仕事をするのか、決めるだけですけど。笑

疲れてきたなーと思ったら、休む!

あまり頑張りすぎないことがコツかもしれません。

集中力をリセットする?

先ほど、脳のゴールデンタイムは起きてからの2~3時間、つまり午前中です。ということを書きました。

午後から大事な仕事したいんだよなーとか、午前中は家事や仕事で忙しいから午後から勉強したい、という方もいらっしゃると思います。

その場合、もう脳のゴールデンタイム終わってるしな・・・と諦めないでください!

実は、リセットすることが出来るんです!

なにをすればいいかというと・・・

運動!

1回60~90分の有酸素運動をすると頭も身体もリセットされるそうです。

BDNF(脳由来神経栄養素)という脳を育てる物質が分泌されて、ドーパミンが出ます。

ドーパミンは意欲を高めるので、結果として集中力が高まるだけでなく、記憶力や思考力、作業遂行能力など脳の多くの機能がアップしていくわけですね。

仕事ができる人って運動の習慣があったり、早寝早起きが身についていたりします。

全部つながっているんだなーーーー。笑

集中力はコントロールすることはほぼ無理、だけど回復させることは可能!

マックスの集中力をさらに、高めるというのはほぼ無理です。

ですが、あー集中できないなーーーという状態の平均以下に落ちてしまった集中力をあげることはわりと簡単です。

皆さんも身に覚えがあるのではないでしょうか?

一番簡単な方法は、睡眠です。

私も忙しい時期は本当に睡眠時間が短くて、疲労困憊という状況が続きました。

そうなってくると、メンタルも体も影響が出てくるんですよね。

もちろん、身も心もボロボロなので集中力も続かない、いいパフォーマンスができない。という状況。

あーやばい、と思いながら作業する。

そういう日は思い切って寝ました。うちの子と同じ時間に寝てましたね。

そうすると次の日の作業が、まあはかどる!笑

生活習慣を見直すと、いいパフォーマンスができるかもしれません!

最近行き詰っているなーと感じる方はぜひ、試してみてください!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました